スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもめ食堂。

って映画観ました。かもめ食堂

だいぶ前に観たからなんなんですが主人公(小林聡美)がフィンランドで食堂を開くんですよね。

で、最初ぜんっぜんお客さんこないんですけど(来るのは日本オタクの学生のみ・第一号客ってことでコーヒーずっと無料→コーヒーしか注文しない笑)

でも小林聡美は淡々と店開けるだけなんですよね。

妙なビラまきもしないし、看板おっきくするわけでもないし。

とにかく毎日まいにち席数分の料理の準備をして、今日も使われなかったテーブルを拭くんですよ。

よくないですか?そーゆーの。

毎日変わらず淡々と、同じことを繰り返して、ひたすらお客さんが入ってくるのを待つ。

料理がすんごい美味そうに撮られてる映画なんですけど

友達曰く、あの食堂のスタッフみんなが客がいないときもせっせと掃除してるのがいいと。

たしかにテーブルを拭く描写が多いんですよね。

そしてなんかすごくいい。

自分もこの仕事は待つ仕事だなぁとたびたび感じます。

だってどんだけ美味い酒作れても、料理出せても、掃除しても。

お客さん来なかったら仕事になりませんからね。

どんだけ客来なくても、手を抜かずに待つ。

これはすんげ重要だと思います。

待つ、これが最近は楽しみなんです。

だいぶ店が落ち着いて心にゆとりができたからでしょうか?

まぁでも自分はチキンなんでビラまきもせずにただ待つのはなんだか不安です。

・・・と、いうわけでスタッフに駅でのビラ撒きをお願いしてます。
ビラ撒き
キックボードで駅まで4分。右手にはビラ持ってます。

キック
いつもありがとうございます。

ではまた。



comment

Secret

リンク
QRコード
QR
ENTRYNUM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。